県立広島井口高校の教頭が女子高生にわいせつ行為で逮捕

女子高校生にわいせつな行為をさせたとして、広島県警は5月10日、県立広島井口(いのくち)高校教頭、小桝(こます)雅典容疑者(51)=広島市西区井口1丁目=を児童福祉法違反(淫行させる行為)容疑で逮捕した。小桝容疑者は「淫行などはしていない」と容疑を否認しているという。



海田署によると、小桝容疑者は16年2月21日、広島県呉市のホテルで女子生徒が18歳未満と知りながら、わいせつな行為をさせた疑いがある。海田署は3月、生徒の家族から相談を受け、捜査していた。

広島県教委によると、小桝容疑者は当時呉市内の高校に勤務。4月に広島井口高校へ赴任した。下崎邦明教育長は「教頭が逮捕され、誠に遺憾。県教委として詳細を確認し、対処したい」とのコメントを出した。(朝日)

県教育委員会によると小桝容疑者は、県教委での生徒指導係の係長としての勤務を経て、2014年4月から今年3月まで、県立呉三津田高校定時制課程の教頭を務めていた。呉三津田高校の校長は、「小桝容疑者は仕事に熱心で、事件前後も変わったそぶりは感じられなかった」と話していた。(RCC)


教頭「困らせてやる」

児童福祉法違反の疑いで逮捕された事件で小枡容疑者が女子高生に対し、金銭面で生活を困らせてやるとの趣旨の話を告げた上で、行為をさせた疑いがあるという。捜査関係者によると、女子高生は困惑して行為をさせられたという。(中国)


怖いぞ~!!

井口高校高市校長


こます教頭離任式
教頭r離任式


小枡容疑者


関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL