西区の市営アパート火事で80歳の女性が遺体で見つかる

4月30日朝、広島市西区の住宅地で市営アパートの1室が全焼する火事があり、この部屋に1人で住む80歳の女性が死亡した。30日午前6時半前、広島市西区鈴が峰町の鉄筋3階建ての市営アパートで「2階の1室から火が出ている」と近くに住む住民から消防に通報があった。消防車10台が出て消火にあたり、火はおよそ40分後に消し止められたが、この火事でアパートの2階の1室およそ30平方メートルが全焼した。警察によると焼け跡からこの部屋に1人で住む久保田静穂さん(80)が遺体で見つかったという。現場はJR山陽線新井口駅の1キロほど北にあるアパートや住宅が密集する地域で、警察が詳しい状況や火事の原因を調べている。(NHK広島)


西区鈴が峰町火事
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL