安佐北区の県道で車どうしが衝突事故、小学1年が意識不明の重体

4月28日未明、広島市安佐北区の県道で、普通乗用車と軽自動車が衝突し、合わせて5人が重軽傷を負い、このうち小学1年生の男の子が意識不明の重体。28日午前0時15分ごろ、広島市安佐北区上深川町の県道で、18歳の男性が運転する普通乗用車が32歳の女性が運転する軽自動車に正面衝突した。

この事故で、軽自動車の助手席に乗っていた小学1年生で6歳の男の子(安佐北区可部東)が意識不明の重体。軽自動車を運転していた母親と後部座席に乗っていた父親も重傷を負っているという。また、普通乗用車を運転していた18歳の男性と一緒に乗っていた女性は軽傷だという。

警察は先ほど普通乗用車を運転していた18歳の少年を逮捕した。過失運転致傷の疑いで逮捕されたのは、広島市東区中山西に住む18歳の会社員(少年)。警察は、普通乗用車が対向車線にはみ出したものとみて、事故の詳しい原因を調べている。(TSS・NHK広島)



安佐北区深川事故
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL