痴漢に間違われたら逆切れして女の顔写真を撮れ!

3月20日に放送された日本テレビ系列のバラエティ番組「行列のできる法律相談所」で、痴漢と間違えられた時の対処法として、弁護士が「走って逃げろ」などとアドバイスしたことが、ネット上で話題になっているという。番組では、痴漢冤罪に対する最善の対処法が4人の弁護士によって議論され、4人のうち3人が、「本当にやっていないなら立ち去る。逮捕される前に全速力で走って逃げる」「事件に巻き込まれてしまうことが一番怖い。やましいことがあるから逃げるのではない。自分にふりかかろうとしているとんでもない災難から逃げるのだ」と、現場から立ち去ることを勧めたという。


ネット弁護士の見解では、 「残念なことに、日本の刑事裁判は、『何もしていなければ処罰されない』、という常識が通用しないという。一度、逮捕されてしまったら、ベルトコンベアーに乗ったかのように、勾留、起訴、有罪判決という方向に流されていく。逮捕の期間は最大3日間だが、その後の勾留は最大20日間になるという。『やっていない』と23日間、言い続けることのできる人は多くはないという。


さらにネット弁護士は、「一度その場を離れれば、現行犯逮捕はできなくなる」という。やっていないことを主張しながら、落ち着いてその場を立ち去るのがいいらしい。それが難しい場合には、「この人が痴漢です」と主張している女性に名刺を渡して、「逃げも隠れもしないので、改めて連絡してくれ」と言うのがいいという。


一度、その場を離れれば、原則として現行犯逮捕ができなくなるので、令状を取らなければ逮捕ができなくなる。それもできずに、駅の事務室などに連れて行かれたら、一刻も早く弁護士を呼ぶべきだという。逮捕されているなら当番弁護士が呼べるし、逮捕されていないなら、家族か友人に頼んで弁護士を探して連絡してもらうのがいいという。


痴漢冤罪は一世一代の大事件

ネット弁護士の回答は教科書のようで分かりやすいが、そんなことで罪を逃れられるのだろうか。痴漢に間違われた瞬間、地獄の底に突き落とされて将来の人生を棒に振らせようとする女の悪事。この瞬間は絶対に許してはならない。人生をかけて戦おう。


まず、女からやってもいない痴漢行為という因縁をつけられたとき、こう言おう。


「(痴漢行為という)言いがかり(因縁)をつけるなら、今ここでお前の顔写真を撮るぞ!?」と反論しよう。女が騒いでキレ始めたら、こっちも大声で怒鳴り散らそう。ヤクザ調の言い方でもいいだろう。人だかりができても気にする必要はない。長引けば写真を撮るチャンスが多くなるだけだ。


なぜこんな事をするのかというと、因縁をつけられて自分自身を貶めようとするならば、いずれその相手にお返しをしなければならない。その瞬間が過ぎてしまうと、意外と相手の顔を忘れてしまうものだ。因縁・言い掛かりをつけられた相手の容姿を末永く、記録しておくことは非常に重要な事だ。


この瞬間は、生きるか死ぬかの分岐点であるから、全力で怒りを込めて、怒り散らそう。もし周りの人が抑えにかかってきたら、肘鉄を食らわせばよい。そのためには常日頃から体を鍛えておくべきだ。


憲法で保障されている「平等で平穏無事な生活」を守るために戦おう。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL