島根の県道車両転落炎上事故は呉の夫婦

4月10日に島根県吉賀町の県道で乗用車が道路脇の斜面に転落して炎上し、2人が死亡した事故で、亡くなったのは広島県呉市の70代の夫婦と確認された。10日午前8時半すぎ、島根県吉賀町柿木村で「事故を起こし車から出られない」と男性から警察に携帯電話で通報があった。警察と消防が駆けつけたところ、道路下の斜面で、乗用車が横倒しになって炎上していて、車の中から男女2人の遺体が見つかった。警察が身元の確認を進めた結果、亡くなったのは広島県呉市焼山政畝の長谷信二さん(77)と妻の衿子さん(75)と確認された。

警察によると県道の道幅はおよそ3メートルでセンターラインはなく、長谷さんの車には別の車と接触したようなあとはなかったという。また、通話の途中で長谷さんが呼びかけに応答しなくなったことから、警察は乗用車が誤って転落し、まもなく炎上したものとみて詳しい状況を調べている。(NHK広島)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL