米国務長官ジョン・ケリー(John Kerry)氏は広島で何を見たのか

4月11日、先進7カ国(G7)外相会合が開催された広島で、原爆投下の跡地につくられた平和記念公園を米国務長官として初めて訪れたジョン・ケリー(John Kerry)氏は報道陣に「衝撃を受けた」と語ったという。ケリー氏は、平和記念公園を初めて訪れた米国務長官となったことについて「非常に大きな名誉だと感じたとともに、感極まるものだったことを個人レベルで表明したい」と述べた。

また、平和記念資料館(原爆資料館)について「驚異的」で「人間としてのすべての感受性を揺さぶられる衝撃的な展示だった」と語った。さらに今回、広島を訪問したことでどんなメッセージを発信したいかと尋ねられると「すべての人が広島を訪れるべきだ」と述べた。1945年に米国が広島に対し世界初の核攻撃を行って以来、米国務長官の同公園訪問はケリー氏が初めてとなる。米政府関係者の中では最高位の訪問となる。(AFP)



G7 John Kerry

John Kerry Hiroshima



広島市で開かれていたG7(主要7カ国の外相会合は)4月11日午後閉幕した。11日午前、アメリカのケリー国務長官は現職の国務長官として初めて平和公園を訪れ、原爆慰霊碑に献花した。


各国の外相は地元の小学生たちが歓迎する中、原爆慰霊碑に向かった。慰霊碑の前では写真撮影が行われ、子どもたちから折り鶴で作られた首飾りが贈られた。このあと、ケリー国務長官の提案で当初の予定にはなかった世界遺産の原爆ドームまで歩いて移動し視察した。


John Kerry01

John Kerry02



ケリー国務長官は各国の外相とともに、原爆資料館を見学した。今回初めて現職の国務長官として訪れたケリー長官は、自身のツイッターに「広島市の平和公園と原爆資料館を訪れる初の国務長官となったことを誇りに思います」とつぶやき、原爆資料館でみずからが記帳した芳名録の写真を投稿した。

芳名録には、ケリー長官の署名とともに「ありのままで、厳しく、そして人をひきつける展示は、私たちに、核兵器の脅威を終わらせる義務だけでなく、戦争そのものを避けるために全力をあげなければならないことを思い起こさせる。この資料館は、世界中の市民が切望する平和な未来を築くため、そして、この世界を変えるため、もっと努力しろと訴えかけている」と記されている。

このあと議長を務めた岸田外務大臣は記者会見し、G7として初めてとなる核軍縮・不拡散の分野に特化した成果文書、「広島宣言」を発表した。「広島宣言」は、冒頭で、「広島および長崎の人々は、原爆投下による極めて甚大な壊滅と非人間的な苦難という結末を経験した」と指摘し、原爆投下が「非人間的な苦難」につながったとしている。

そのうえで、被爆地で初めて開催された今回の会合を「歴史的会合」と位置づけ、G7として、「核兵器のない世界」の実現に向けて国際的な機運を高めていく決意を表明している。

さらに、核保有国と非核保有国の対立が先鋭化している現状に対し、「核兵器のない世界」の実現は、「現実的で、漸進的なアプローチをとることのみにより達成できる」として、両者の間の有意義な対話を促進するよう呼びかけている。

また、宣言では今回、G7の外相がそろって原爆資料館などを訪問したことも念頭に、「何十年間にわたってわれわれのような政治指導者やその他の訪問者が広島および長崎を訪れ、深く心を揺さぶられてきた。ほかの人々が同様に訪問することを希望する」として、世界各国の政治指導者をはじめ多くの人たちに、被爆地を訪問するよう呼びかけている。

そして最後に、「われわれは、核兵器は二度と使われてはならないという広島および長崎の人々の心からの強い願いを共にしている」として、宣言を締めくくっている。


ケリー国務長官 広島市内で買い物と夕食

アメリカのケリー国務長官は外相会合を終えた4月11日夕方、広島市で日本人形を購入したあとケネディ駐日大使とともに市の中心部にある日本料理店で会食した。さらに11日午後5時半ごろ、広島市南区の人形の専門店を訪れた。

ケリー長官は広島市を訪れているケネディ駐日大使らとともに30分近く店内を見てまわったあと高さおよそ40センチの着物姿の女性の人形と縁起のよい飾り物とされる「張り子の虎」を購入したという。



ケリー人形

ケリートラ



小田洋史社長(47)は、「一緒に写真を撮ってくれるなど紳士的で気さくな方でした。日本の文化に関心を持ってもらえてありがたく思いました」と話した。

このあとケリー国務長官は広島市中区にある日本料理店を訪れ、笑顔で手を振りながら店に入って行った。店によるとケリー国務長官はケネディ駐日大使とともに車エビや穴子の寿司など瀬戸内海の海の幸を使った日本料理を味わったということで、店を出る際、板前1人1人と握手をして「おいしかった。ありがとう」と話していたという。食事を終えたケリー国務長官は警察官が周囲を警戒するなか車に乗り込み、警察車両に先導されて山口県のアメリカ軍岩国基地に向かった。(NHK広島)


ケリー 料理店

G7広島 閉会

関連記事

Comment

No title
編集
今なお反日イデオロギーとして利用している朝鮮人
日教組、全教、広教祖 その他宗教団体

恥を知れ 恥を。
2016年05月11日(Wed) 06:44
No title
編集
平和公園や原爆資料館は米国を批判するためのものではなく、
あくまで原爆の惨状と平和の尊さを後世に伝えるものです。

そしてそれが被爆者や生き残った広島市民の意志であったはず・・・

しかし、我が国を不当に敵視する隣国やそれに加担する者によって、
原爆の悲劇は反米イデオロギーとして利用され、
当時の日本政府は広島を見捨てたというデマゴーグを流布することで
反日イデオロギーにも利用されて来ました。

このことは戦後からこれまでの広島市の有様を見れば一目瞭然です。

この様な諸悪を排除することこそが本当の平和に繋がるのだということに
一日も早く広島市民が気付いてくれることを切に願います。

『過ちは 繰返しませぬから』の誓いを無視して、
我々広島の子孫がこのような過ちを犯していたのでは、
被爆者の御霊が安心して眠ることなど出来ないと思います。
2016年04月12日(Tue) 11:15












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL