オバマ米大統領が広島訪問を検討中→ヒロシマ被爆者胸騒ぎ

4月9日、米ワシントン・ポスト紙(The Washington Post電子版)は、オバマ米大統領(Barack Hussein Obama )が5月の主要7カ国(G7)首脳会議(伊勢志摩サミット)後に広島を訪問する検討を始めたと報じた。米政府当局者の話として伝えた。まだ決断はされていないとしつつ、広島に数時間滞在し、核軍縮をテーマにした演説をする可能性も探っているという。

米政府高官は同紙に、オバマ氏の広島訪問が実現した場合、2009年に「核なき世界」を提唱したプラハ演説を想起させる演説をすることもあり得ると語ったという。

複数の米政府高官は「大統領は広島訪問に強い関心を持っている」と語っている。オバマ氏の広島訪問の可能性を探っているが、4月11日にケリー国務長官が米閣僚として初めて平和記念公園で献花し、その後の国内外の反応を考慮して最終決断する考えを示しているという。(朝日)



obama.png
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL