旧市民球場跡地にサッカースタジアムが出来ない理由はこれだった!

広島市で新しいサッカースタジアムの建設をめぐって、広島県と広島市、広島商工会議所の3者が「サンフレッチェ広島と引き続き協議を行っていくための時間が必要だ」などと、候補地の絞り込みを来月以降に先送りすることを正式に発表したという。

「みなと公園」に決定した場合、サンフレッチェ広島が本拠地として使うつもりがないと久保会長がブチギレ会見を行ったことについて、いろいろと聞いてみたが、「だったら他でやりゃーええんじゃ!」という広島市民は少なくない。

広島県、市、商工会議所、並びに少なからずの広島市民は、原爆ドームと平和記念公園の目の前にサッカースタジアムを建設してほしくないのだ。旧市民球場跡地は誰が何と言おうと「旧市民球場跡地」だ。そこは、それだけ歴史のある場所だと言える。

今では、旧市民球場は解体され、魂をもぎ取られたような風景になっているが、しかしよく見ると、納得できる。やっぱりここは、サッカースタジアムには出来ない聖地なんだろう。





旧市民球場跡地  カープ優勝


旧市民球場跡地 衣笠選手

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL