尾道の介護施設の送迎用自動車が電柱に衝突2人死傷

3月26日夕方、尾道市の県道で介護施設の送迎用の軽自動車が電柱に衝突し、乗っていた91歳の男性が死亡したほか、お年寄り1人がけがをした。26日午後4時10分ごろ、尾道市向東町の県道で介護施設の送迎用の軽自動車が道路脇の電柱に衝突した。この事故で車いすに座った状態で車の後ろに乗っていた尾道市向東町の冨士谷勇さん(91)が腹部を強く打って死亡したほか、助手席に乗っていた89歳の女性が首などにけがをした。

警察によると、車は向東町にある介護施設、「高齢者ケアセンターはなの苑」から利用者の2人をそれぞれの自宅に送る途中だったという。現場は片側1車線の見通しのよい直線道路で、死亡した冨士谷さんの自宅からおよそ200メートルほどの場所だったという。警察は運転していた61歳の看護師の女性から事情を聞くなどして事故のくわしい状況を調べている。(NHK広島)



尾道市介護車事故

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL