大阪・八尾空港で広島の小型機が墜落炎上4人死亡

3月26日午後4時20分頃、大阪府八尾市の八尾空港で、小型飛行機が滑走路付近に墜落し、炎上した。約15分後に消し止められたが、機内にいた男性4人の死亡が確認された。危険回避などの目的で着陸直前に急上昇し、着陸をやり直す「ゴー・アラウンド」を試みた際に失速した可能性があるといい、国の運輸安全委員会は航空事故調査官2人を現地に派遣。府警は業務上過失致死事件として八尾署に捜査本部を設置した。

同空港事務所などによると、同機は4人乗りの単発プロペラ機「ムーニー式M20C」。国土交通省に提出された飛行計画には、機長は「Y・NISHIMOTO」と記載されており、同省は、同機を所有する広島県の西本泰志さん(40歳代)としている。

飛行目的は、遊覧飛行などを示す「その他」で、26日午前11時に計4人が乗って、岡南(こうなん)飛行場(岡山市)を離陸。八尾空港に到着後、神戸空港へ向かい、午後4時頃、同空港を出発して約30分後に八尾空港に着陸予定だった。(読売)


機長は広島の自営業者

大阪府八尾市の八尾空港に墜落した小型機の機長だったとみられる広島市安芸区中野東の自営業・西本泰志さん(45)は、少年時代から「初来の夢はパイロット」と周囲に語っていたという。複数の知人によると、西本さんは数年前に飛行機の操縦を始めたといい、友人や知人をフライトに誘っていたという。西本さんの会社事務所の玄関先には「会員制フライトクラブ」や「航空グッズ販売」と表示されていた。(中国)



大阪八尾空港事故
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL