「あい・のぞみ訪問介護センター」が3億2200万円不正受給

広島市は佐伯区にある介護施設が介護給付費などおよそ3億2200万円を不正に受給していたとして、事業所の指定取り消し処分を行った。事業所の指定取り消し処分を受けたのは、広島市佐伯区五日市にある「あい・のぞみ訪問介護センター」。

この介護施設は一昨年1月から去年11月までの間、訪問介護などのサービスを提供していないものまで水増し請求し、介護報酬や給付費などあわせておよそ3億2200万円を不正に受給していたという。広島市は、この事業所の指定を取り消すとともに、不正受給した金の返還を求めている。広島市によると、この事業者は障害福祉の事務処理でずさんな管理があり、3年連続で指導を受けていたという。(TSS)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL