アストラムラインの車両に落書き

車庫に止めてあったアストラムラインの車両が被害を受けたという。3月23日午前5時ごろ、アストラムラインの車庫に止めてあった2つの車両にスプレーとみられるもので落書きがされているのを職員が発見した。前日の運行を終えた午前1時前には異状はなかったという。アストラムラインは2008年にも落書き被害にあっており、その後、フェンスに忍び返しを取り付けるなどの対策をとっていた。広島高速交通は、夜間の警備体制の強化や防犯カメラの増設を行うとしていて警察では器物損壊の疑いで調べている。
(HOME)



アストラムライン落書き1
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL