運転免許証を取り消された男が女子高生が乗った自転車に衝突・逃走

無免許で運転していた車で女子高校生が乗った自転車に衝突し、重傷を負わせたまま逃げたとして会社役員の男が警察に逮捕された。ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは、広島市西区己斐上の会社役員岡本佳明容疑者。警察によると、岡本容疑者は3月20日午前7時40分ころ、自宅近くの道路で無免許で軽乗用車を運転中、反対側から来た自転車と衝突し運転していた女子高校生に3週間の重傷を負わせたまま逃走した疑いがもたれている。

岡本容疑者の免許は5年前に取り消しになっていたという。取り調べに対し、岡本容疑者は無免許運転と事故を起こしたことは認めているが、ひき逃げはしていないと供述しているという。また、車には岡本容疑者のほか3人が乗っていたということで警察は無免許運転を知っていたかなど調べることにしている。(RCC)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL