G7広島外相会合のポスターに今度は北方領土がない?

4月に開かれる主要7カ国(G7)外相会合に向けて広島市などがつくったポスターが再び回収、廃棄されることになったという。原因は日本地図に北方領土が入っていないことが分かったためだという。今年2月にイタリア国旗の配色を誤り、印刷し直したばかりだった。

3月8日の衆院安全保障委員会で、おおさか維新の会の下地幹郎氏が「北方四島が入っていない」と指摘。岸田文雄外相は「ポスターには問題があり、すべて回収した」と述べた。外務省でも掲示されていたが、すでに撤去された。

ポスターは広島市などで構成する支援推進協議会が作成。2月にできた当初のポスターはイタリアの国旗の色が違い、アイルランド国旗のように見えたことから約2千枚を刷り直した。同協議会は「チェック不足が原因」としている。協議会は広島県外向けのポスターのデザイン一新を決定。日本地図を外した約200枚を追加で印刷するという。(朝日)


サミット外相ポスター国旗の色ミスで刷り直し



G7広島外相会合ポスター



「2016年G7広島外相会合支援推進協議会」とは

1.趣旨

「2016年G7広島外相会合の開催に当たり、平和を願うヒロシマの心を世界に発信し世界恒久平和の実現に資するとともに広島の魅力を発信するため、行政や経済団体等が一体となった『2016年G7広島外相会合支援推進協議会』を設立し、会合の成功に向けた支援や地元の歓迎気運の醸成を図る」、らしい。


2.構成団体

「広島県、広島市、中国経済連合会、広島商工会議所、広島経済同友会、広島県経営者協会、公益財団法人広島平和文化センター、公益財団法人広島観光コンベンションビューロー、広島県市長会、広島県町村会、広島広域都市圏協議会、一般社団法人広島県観光連盟、広島県ホテル旅館生活衛生同業組合、西日本旅客鉄道㈱広島支社、公益社団法人広島県バス協会、一般社団法人広島県タクシー協会、広島県個人タクシー協会、広島県原爆被害者団体協議会」、だという。


3.主な役員

顧問:広島県知事

会長:広島市長

副会長:広島商工会議所会頭

という恒例のヒロシマトリオで構成されている。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL