呉の私立清水ヶ丘高校の教員が飲酒運転で逮捕、30メートルにわたって標識に激突

2月29日早く、呉市の高校の教員が酒を飲んで乗用車を運転していたとして、酒気帯び運転の疑いで警察に逮捕された。教員はおよそ30メートルにわたって道路標識などに接触したり電柱に衝突したりする事故を起こしていた。逮捕されたのは呉市の私立清水ヶ丘高校の教員管野哲也容疑者(39)。

警察の調べによると、管野教員は29日午前4時20分ごろ、呉市宮原の市道で酒を飲んだ状態で乗用車を運転していたとして、酒気帯び運転の疑いが持たれている。管野教員はおよそ30メートルにわたって蛇行運転を続け、停車していた新聞配達のバイクや道路標識、バス停の標識などに接触したあと電柱に衝突して止まったという。

通報を受けて駆けつけた警察官が調べた結果、息から基準を上回る1リットルあたり0.25ミリグラムのアルコールが検出され、警察がその場で逮捕した。調べに対し「酒を飲んで車を運転し事故を起こしたことは間違いない」「きのうは卒業式で式のあと謝恩会などで酒を飲んだ」と供述し、容疑を認めているという。高校に対し謝恩会の際、「車で来ていない」と説明していたという。高校によると28日は卒業式だったという。(NHK広島)



呉市教員酒気帯び運転

呉市高校教師飲酒運転

呉市清水が丘高校教師飲酒運転事故
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL