リベンジポルノ広島県内で初摘発

2月28日、尾道署はサイトで知り合った広島県内の20代の会社員女性に裸の写真をネットに投稿すると脅迫し、実際に投稿したとして、愛知県愛西市勝幡町弁才天、会社員坂西健一容疑者(42)を、脅迫と私事性的画像記録の提供被害防止法違反の疑いで逮捕した。リベンジポルノ(復讐目的の画像投稿)事件の摘発は広島県内で初めて。

尾道署によると、昨年9月22日午前11時半ごろと午後1時半ごろの2回にわたり、携帯電話から女性に「今からおまえの写メールを貼るから見ろよ。おまえは許さん」などとメッセージを送って脅迫。午前11時40分ごろ、携帯電話からネット上に女性の顏や上半身裸の写真を公開し、不特定多数が閲覧可能な状態にした疑い。(中国)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL