JR呉線の川尻町で快速列車が線路内に入ってきた男性をはねる

2月27日う午前、呉市川尻町でJR呉線の快速列車に男性がはねられ、死亡する事故があった。この影響で呉線の一部が運休した。JR西日本広島支社や警察によると、27日午前11時20分頃、JR呉線で安芸川尻駅に向け走っていた上りの快速列車「マリンビュー」が線路内に入ってきた男性に気付き非常ブレーキをかけたが間に合わず衝突した。はねられたのは近くに住む無職・脊戸真治さん(82)で、病院に搬送されたが間もなく死亡が確認された。脊戸さんは畑仕事を終え帰宅する途中だったとみられている。当時列車にはおよそ150人が乗っていたが、ケガ人はいなかったという。警察は事故の詳しい原因を調べている。この事故により、JR呉線は上下線6本が運休するなどおよそ1100人に影響が出た。(TSS)




呉線 川尻町
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL