「ぶんご」と「さざなみ」の海上自衛官2人を懲戒処分

2月12日、海上自衛隊呉地方総監部(広島県呉市)は、18歳未満の女性にみだらな行為をしたとして、掃海母艦「ぶんご」の20代の1等海士を停職10日の懲戒処分にした。総監部によると、1等海士は昨年10月4日、呉市の自室で、18歳未満であることを知りながら県内に住む女性にみだらな行為をした。女性の家族から総監部に連絡があり発覚した。

また、総監部は12日、部下の隊員3人を指導する際に暴言を吐いたり、脚を蹴ったりしたとして、護衛艦「さざなみ」の2等海曹(36)を停職3日の懲戒処分にした。(産経)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL