2人の広島教師を懲戒免職処分!!!

酒を飲んで乗用車を運転して逮捕された、県立高校の教諭ら2人について広島県教育委員会は、信用を著しく失墜させたとして2月12日付けで懲戒免職処分にした。懲戒免職処分となったのは、福山市の県立高校教諭の戸田正聡教諭(52)。戸田教諭は1月24日、自宅近くの市道で酒を飲んで軽乗用車を運転したとして、酒気帯び運転の疑いで逮捕された。広島県教育委員会によると戸田教諭は、ほかの教員を授業の面などで指導する「指導教諭」の立場にあり、調査に対し酒を飲んで運転したことを認めた上で、「歩いて買い物に行こうとしたが寒くて車に乗ってしまった」と話しているという。

http://hiroshimastyle.com/blog-entry-2168.html


また、先月までの3カ月間に、教え子の女子生徒に自宅でわいせつな行為を繰り返したとして、県東部の県立高校に勤務する30歳の男性教諭も懲戒免職処分になった。広島県教育委員会は高校や生徒が特定されるおそれがあるとして、教諭の名前を明らかにしていない。広島県教育委員会の福嶋一彦教職員課長は、「信用を著しく失墜させるような懲戒免職処分が相次ぎ、大変残念でおわびしたい。再発防止に向け研修を進めていきたい」と話しているという。(NHK広島)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL