福山で橋下氏が講演「国政は安倍一強、他はボロボロ」

2月8日夜、前大阪市長で、国政政党「おおさか維新の会」の法律政策顧問を務める橋下徹氏が、広島県福山市で開かれたシンポジウムで講演し、「(国政は)安倍(晋三)政権の一強。民主も共産もボロボロ、おおさか維新もたいしたことはできない」と述べたという。

シンポジウムは福山市出身で今夏の市長選への立候補が取り沙汰される元大阪市議の村上栄二氏らが役員を務める団体が主催した。橋下氏の地方講演はおおさか維新の党勢拡大を後押しするとの見方が広がる中、約2千人が会場に詰めかけたという。

出席者によると、橋下氏は講演で、平成24年の前回福山市長選の投票率が戦後最低の22.59%だったことについて、NHK連続テレビ小説「あさが来た」の主人公の口ぐせをまねて「福山市民の皆さんは恥ずかしい。まさに『びっくりぽん』だ!」と批判した。

さらに「政治改革は一票の力でできる。有権者の行動にすべてかかっている。政治家も落選すればただの人。選挙でプレッシャーをかけないと政治や役所は変わらない」と投票の大切さを訴えた上で、「良い候補や政党がなければ、白票を投じるべきだ」と持論を述べた。福山市長選には、他に現職で3期目の羽田皓市長らの立候補が浮上しているという。(産経)


橋下氏 福山


舌好調

参加者らによると、橋下氏はノーネクタイ、黒のスーツ姿で登場。「民間人になって言えることもありますからね」と前置きし、早速“毒ガス”を噴射した。

「国会議員の辻元清美さん知ってます? 何ですか、あのオバハン。僕が市長のとき“詐欺師”呼ばわりして。どっちが詐欺師ですか」と話し、過去に秘書給与流用で議員辞職し、詐欺容疑で逮捕されたことを蒸し返した。さらには「(ニュース番組で)安倍政権への批判として『安倍首相の顔が信用できない』と言うコメンテーターがいる。どっちの顔が信用できないのか」などと言い放った。

一段と熱がこもったのは、民主主義における1票の尊さを訴えた時。自分の市長選などで投票率が高かったことに触れ「もし低投票率だったら僕は独裁者の金正日になっていたかもしれない」と語り、投票そのものが政治家の責任感を喚起することを説明した。

夏の衆参同日選もささやかれる中、政界復帰の質問には「新しいリーダーをつくるためのサポートをしていきたい」とした。一方で少子高齢化を迎える中、理想の政治家像について「単純明快ですよ。嫌われる政治家です。あの人は『いいね』って言われる政治家なんて百害あって一利なし」と橋下スタイルを強調した。

また昨年5月、大阪都構想の賛否を問う住民投票では相手陣営から「橋下には7人の愛人がいるってビラを配られた。僕には7人の子どもがいますけどね」と“子だくさんネタ”で笑わせた。

最近は国会中継を見ることもあるといい「もっと迫力のあるものにしてほしい。1センテンスで相手をうっとさせるような質問がほしい」と注文を付けた。

政界復帰については「あれだけアホ、ボケ、カスって言われましたからね。次の新しいリーダーをつくるサポートをしたい」とした。政界引退後も政治への熱い思いがあることを見せた橋下氏だが、現在の政治状況について「安倍政権の一強です。民主の共産もボロボロ。おおさか維新もたいしたことはできていない」と語った。(日刊スポーツ)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL