「芸北国際スキー場」でスノボが衝突し小学6年女児死亡

2月2日午前11時45分ごろ、広島県北広島町中祖の「芸北国際スキー場」で、学校の授業でスキーをしていた芸北小学校6年の近藤江里菜さん(12)=同町奥中原=と、スノーボードで滑走中だった飲食店経営の男性(38)=長崎県佐世保市=が衝突した。近藤さんは頭部などを強く打ち、ドクターヘリで広島市内の病院に搬送されたが、搬送先の病院で約2時間後に死亡が確認された。男性は脊髄を損傷し重傷だが、意識はあるという。県警山県署が現場検証を行い、事故原因を詳しく調べている。

同署や町教育委員会などによると、近藤さんは体育の授業の一環で、教師ら12人が引率する中、小学3~6年生約60人でスキーをしていた。事故が起きたのは初級者向けのコースで、左側からターンしてきた男性とぶつかった。天候は晴れで、視界は良好だった。近藤さんはヘルメットを着用していたが、男性は着用していなかった。男性は友人と来ていたという。

教室は、教員やスキー指導をする保護者たち12人が引率していたが、事故は終わる直前に起きたという。広島県警によると、県内ではこの10年間、スキー授業中の死亡事故は確認していないという。芸北国際スキー場は西日本有数の規模で知られ、約120センチの積雪があり、600人余りの客がいたという。(中国、時事、NNN) 


過疎の町に激震

広島県北広島町のスキー場で起きた事故は授業中に起こった。県警が事故の状況を確認しているが、詳細はわかっていない。同町教委は安全管理が適切だったか調査する方針。近藤さんの知人たちは、突然の悲報に声を詰まらせた。

町教委や県警などによると、スキー教室は毎年1月から2月に、全校児童を対象に実施している。事故は5、6年生計32人を二つのグループに分け、授業が終わる直前の自由滑走の時に起こったという。近藤さんは、前の方を滑っていたとみられる。外部講師2人が後方にいたという。同小によると過去に大きな事故は確認していないという。

同小は午後8時から、保護者への説明会を開き、事故の経緯などを伝えた。同小は全校児童90人でスキーに慣れている子が多いという。知人たちによると、近藤さんは児童会にも入り、まとめ役だった。家では4人兄弟。スキーは上級コースを滑ることができ、大会にも出場した。また、自転車の大会にも出るなど活発だった。

近藤さんが住む地区の前山区長(70)は、「子どもは地域の宝で本当につらい。面倒見が良く、本当に良い子だった。スキー場で教室のエリアを確保するなど、再発防止を徹底してほしい」と話した。(中国)


教師ら事故を見ていなかった

安全なはずのスキー教室で起きた死亡事故問題で、北広島町教育委員会は2月3日の記者会見で、児童の指導役の教師ら2人が「事故の様子は見ていなかった」と話したという。2人とも児童を見渡せる場所にいなかったという。

町教委によると、同小のスキー教室は通常、コースの頂上と終点にそれぞれ指導役が立つ。近藤さんらのグループも事故直前まで、上級者コースで教師と指導役の保護者の2人が上下に分かれて見守っていた。最後に初心者・中級者用コースを降りている際に事故が起きたが、2人ともコースの頂上付近にいた。指導役の一人は「滑り降りると事故が起きていた」と話したという。

同小の板倉寿恵美校長によると、明確な指導規則は定めていなかった。町教委は近く専門家らによる事故検証委員会を設ける。また、県警は同日、近藤さんの死因を外傷性大動脈解離による心タンポナーデと発表した。胸を強く打って大動脈が破裂、血液が心臓を圧迫したという。スノーボードの男性も首を骨折し、手足がまひする重傷だという。(毎日)



中国地方の主なスキー場などの事故(中国)

1991年1月19日
恐羅漢スキー場(広島県)で転倒して頭を打った女性(25)が死亡

2002年1月23日
瑞穂ハイランドスキー場(島根県)で男性(26)が木に衝突して死亡

2005年2月5日
アサヒテングストン(島根県)で男性(75)が転倒して死亡

2006年1月29日
パインリッジリゾーツ芸北スキー場(広島県)でスノーモービルに乗った男性とスノーボードをしていた女性(33)が衝突し、女性が重傷

2006年3月11日
鳥取県江府町の山でスノーボード中の男性(31)が木に衝突てし死亡

2007年1月10日
大山国際スキー場(鳥取県)で中学2年男子(14)が木に衝突して死亡

2008年1月28日
ユートピアサイオト(広島県)で転倒した男性(22)が脳挫傷で死亡

2011年12月27日
ユートピアサイオト(広島県)で小6男子児童(11)が鋼材に衝突して死亡



芸北国際スキー場事故

芸北スキー事故葬儀



スノーボーダーに不意を突かれた事故か?

めったに起こらないような事故が、なぜ起きたのか考察してみたい。個人的な話だが、幼少時期にスキーをよくやっていた。かなり無茶な滑り方をしたり、人とぶつかったりと経験してきたから、ある程度分かるのだが、死亡したスキー上級レベルの小6女児は、スピードを出して滑っていても、衝突したスノーボーダーの動きをある程度、察知していたはずだ。大会に出るほどの技術があれば、避けられないわけがないし、最初からスノーボーダーを目がけて突っ込むなどありえない。

女児は滑りながらスノーボーダーを視界に入れ、当然、衝突を回避するために数十メートル手前から距離を取って滑るラインを決めていたはずだ。問題はその距離だ。2、3メートルだったのか5、6メートルだったのか。しかし、スノーボーダーが突然、横にターンしたため、衝突してしまったのだろう。あと1メートル離れていれば助かったのだが、結果論でしかない。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL