マツダがコスモスポーツを復元披露

広島市と府中町にまたがる自動車メーカーマツダの本社の施設が地元の住民に公開される初めての催しが行われたという。この催しは、自動車メーカーのマツダが、日ごろの協力に感謝して、広島市南区と府中町にまたがる本社で地元の住民を対象に初めて行った。かつての名車「コスモスポーツ」が、走ることができる状態に復元されて披露された。

「コスモスポーツ」はマツダが49年前に発売したスポーツカーで、世界で初めてのロータリーエンジンを載せた量産車。マツダの若手社員が、会社の歴史や技術を再認識しようと復元を提案。展示用だった車を解体して、部品のサビを落としたり、新しいものに交換したりして作業を進めてきたという。セレモニーには、作業に協力した高校生も招かれた。マツダは3月までに実際に走る姿を公開する予定だという。(RCC)



コスモスポーツ
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL