東京圏一極集中で地方創生は実現困難

総務省が1月29日公表した2015年の人口移動報告よると、東京圏(埼玉、千葉、東京、神奈川)は、転入者が転出者を上回る「転入超過」が11万9367人となり、前年に比べ9949人増加したという。転入超過は全国で8都府県にとどまり、39道府県は転出が転入を上回る「転出超過」だった。

政府は地方創生を進めることで、20年に東京圏の転出入を均衡させる目標を掲げているが、人口一極集中の流れが加速している実態が浮き彫りとなった。

東京圏への転入超過は20年連続。一方で名古屋圏(愛知、岐阜、三重)は1090人、大阪圏(京都、大阪、兵庫、奈良)は9354人の転出超過だった。ともに転出超過は3年連続。

総務省は「景気が上向いて大都市への流入傾向が続いている。特に東京圏は、名古屋や大阪圏からの流入もあり、人口が増えている」と分析している。

中国地方ではいずれも転出超過で、広島2856人、山口4630人、岡山1250人、島根1366人、鳥取1503人だった。(中国)


嫌われ嫌がられる広島で転出者が増える
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL