伊勢志摩サミットで原爆展を開催 どこまでも追いかける広島市

広島市は三重県志摩市で5月26日、27日に開催される主要国首脳会議「伊勢志摩サミット」に合わせ、隣接する同県伊勢市で原爆展を開く方針を固めたという。広島市と長崎市との共催だという。サミット参加者たちに原爆の悲惨さをアピールし、核兵器廃絶を働きかける狙いがある。

展示品は、犠牲者の遺品を含む被爆資料のほか、写真や解説文で原爆被害の実態を伝えるポスターを並べるという。会期はサミット開催日を含む8日間を想定。会場は伊勢市観光文化会館で、サミット会場の志摩市賢島から直線で22キロの位置にある。

広島市は2000年の九州・沖縄サミットの際は沖縄県糸満市で、08年の北海道・洞爺湖サミットでは札幌市で原爆展を開いた。いずれも参加国・機関の首脳に来場を呼び掛ける文書を送ったが、実現していないという。広島市は16年度当初予算案に関連費用を盛り込むとみられ、前回と同規模の400万円程度になる見通し。(中国)




伊勢志摩サミット距離
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL