「インターナショナル・シークレット・サービス」(ISS)という無鉄砲な集団 

2000年3月、神戸市中央区のテレホンクラブ「リンリンハウス神戸駅前、元町」両店に火炎瓶が投げ込まれ、元町店の男性客4人が死亡、両店の従業員ら4人が重軽傷を負った。

この事件で、殺人や放火などの罪に問われた無職の堀健一被告(41)の控訴審判決で、大阪高裁は4日、懲役20年とした一審神戸地裁判決を支持、検察、弁護側双方の控訴を棄却した。堀被告は逃走用の車を運転したとされ、弁護側は「殺人、放火とも故意や共謀がなかった」と無罪を主張。一審で無期懲役を求刑した検察側は「量刑が軽すぎる」と控訴していた。

判決理由で古川博裁判長は、堀被告らが以前にも営業妨害を試み、失敗したことを踏まえ「それ以上の行為でないと目的が達成できないと知っていた」と指摘。「脅すだけと聞いていた」との弁護側の主張を退けた。判決によると、堀被告は元会社役員の坂本明浩被告(50)=一審無期懲役、控訴=や元テレクラ経営者の中井嘉代子被告(69)=二審無期懲役、上告=らと共謀し、2店舗に火炎瓶を投げ込ませて男性客4人を一酸化炭素中毒死させるなどした。(産経ニュース)


「リンリンハウス」の経営会社「新宿ソフト」(東京都新宿区)が事件の依頼者ら2人に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁は11月26日、約1億5600万円の支払いを命じた。判決理由で三浦潤裁判長は、元テレクラ経営中井嘉代子(69)=無期懲役確定=が火炎瓶の投げ込みによる営業妨害を元会社役員坂本明浩被告(50)=一審無期懲役、二審公判中=に依頼し、坂本被告が実行役らに伝えて放火に及んだとして「共謀による不法行為が認められる」と指摘。死者を出した結果については「犯罪行為だけでなく、経営会社側の管理上の過失もあった」としたが、新宿ソフトが遺族に支払った約2億5600万円のうち保険からの補てん分を差し引き、残りの全額を賠償するよう中井、坂本両被告に命じた。(中国新聞)



~ISSが起した主な事件~

2004年2月、広島東署に銃弾が撃ち込まれた事件で、建造物損壊などの罪で覚せい剤密売グループ「インターナショナル・シークレット・サービス」(ISS)会長、坂本明浩被告ら4人に組織犯罪処罰法を適用。地検によると、建造物損壊事件への同法適用は、指定暴力団山口組系組員らが民家に発砲した事件で長崎地検が適用して以来、全国で2例目。刑罰は建造物損壊の罪の場合、懲役5年以下だが、同法違反の罪では懲役7年以下と重くなる。広島地検は、ISSは坂本被告の指示で動く暴力団と断定。広島東署に対する発砲が「団体の活動」として組織によって実行されたと判断した。

2004年10月、広島市安佐南区の「章栄不動産」本社ビルに銃弾が撃ち込まれた事件で、銃刀法違反(所持・発射)などの疑いで会社役員末沢良樹容疑者(当時36)らISSのメンバー3人を再逮捕した。他に逮捕されたのは藤井竜幸(当時29)、上野進(当時32)の両容疑者。ISSの坂本被告は2003年12月ごろ、広島市中心部にある時価約1億2000万円のマンションを章栄不動産から購入しようとして断られていたといい、県警は発砲の経緯や背景を調べる。

2005年6月、カップ食品の中に覚せい剤を隠すなどしたとして、覚せい剤取締法違反(営利目的所持)の疑いで、坂本明浩容疑者ら2人を再逮捕した。また、同日までに覚せい剤約470グラム(末端価格約2300万円)を押収した。 覚せい剤は、カップ食品の容器の中にあるスープの袋に隠されていた。カップ食品はフィリピンから国際郵便で輸入されたとしている。

2005年7月、ISSの元メンバーである内装業森本雅樹被告(当時29)の判決公判で、広島地裁は懲役3年6月(求刑懲役5年)を言い渡した。判決理由で岩倉広修裁判長は「市民生活の秩序、安全を守る警察組織に対する挑戦的な犯行で、社会に与えた衝撃も大きい」と指摘した。またISSについて「暴力団まがいの組織」と表現。「会長が捜査方針の変更を署員に迫ったが、聞き入れられなかったことに激高し、同署のメンツをつぶして組織の威勢を示すことを目的に発砲した」と動機を認定した。 (共同通信)



坂本 被告


神戸市の「テレホンクラブ「リンリンハウス」に火炎瓶が投げ込まれ、客4人が死亡した事件で、指示役として殺人や現住建造物等放火などの罪に問われたインターナショナル・シークレット・サービス(ISS)元会社役員、坂本明浩被告(51)の控訴審判決で、大阪高裁は5月24日、無期懲役を言い渡した。的場純男裁判長は、一審神戸地裁判決について「殺人や放火について有罪とした部分は正当」と判断したが、銃刀法違反罪を無罪とした部分が誤りだとして破棄。量刑は一審と同じだった。控訴審で弁護側は殺人と放火について「共犯者の証言は信用できず、共謀を認めた一審判決は誤り」として無罪を主張。検察側は「凶悪極まりない方法で命を奪っており、一審の量刑は不当」と死刑を求めていた。(産経)

Comment

No title
編集
坂本の名前刺青してたチンケな部下達は元気でやってんのかねw 
2016年08月11日(Thu) 05:46
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015年09月13日(Sun) 18:51
編集
坂本って只のお花畑野郎だから
2014年09月14日(Sun) 20:47












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL