高校のロッカーが焼ける

1月14日夕方、広島市安佐南区の高校の4階の教室にあるロッカーなどが焼ける火事があった。当時、高校には部活動の生徒などが残っていたが、けが人はいないという。14日午後4時10分すぎ、広島市安佐南区伴東の広島市立沼田高校で、4階建ての校舎の4階の教室のロッカーから煙が上がっているのを通りかかった生徒が見つけ、教員に伝えた。

教員が消火活動にあたり、消防によると火はおよそ15分後に消し止められたが、4階の北東側にあるこの教室の個人用の複数のロッカーと、中に入っていた教科書などが焼けた。校舎は山陽自動車道の沼田パーキングエリアから200メートルほど南の山あいにある。

高校によると、授業は午後3時20分に終わり、出火当時全校生徒947人のうち一部の生徒が部活動や自習のために残っていたが、グラウンドに避難するなどしてけが人はいないという。4階の教室は1年生の9つのクラスが使っていて、ロッカーはスチール製で教室の後ろにあり、扉はついているが、カギはないという。当時、教室は無人でカギはかかっていなかったということで、警察は出火原因を調べている。(NHK広島)



ロッカー燃える
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL