和歌山成人式で傷害容疑で逮捕された男が「ありがとう広島県!」

和歌山市の成人式会場で、新成人の男性(20)が男に殴られ、急性硬膜下血腫の重体になった事件で、和歌山県警和歌山東署は1月11日、傷害容疑で同じく新成人の同市粟の建設作業員、川口智暉容疑者(20)を逮捕した。「相手が首をつかんできたので殴った」と容疑を認めているという。この川口容疑者(20)のTwitterを見ると、なんと広島に来ていたようだ。広島でたくさんお金を使い酒のんで楽しかったようで、それは良かった話だ。


300.png

301.png

302.png


同署によると、2人に面識はなく、ともに酒を飲んでいたという。川口容疑者は「首をつかまれたので右手に持っていたビンで男性の顔を殴り、地面に倒れた男性の頭を踏みつけ、さらに殴るなどした」と供述しているという。川口容疑者は事件直後に現場から逃走していたが、同市内で発見されていた。

同市では10日、「和歌山はたちのつどい」が開かれ、市内の新成人1968人が参加。午後1時から始まり、午後2時半に終了した。会場の外には、式典には参加せず、集団で酒を飲む新成人もいたという。(産経)

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL