広島市中区役所の職員がディスカウントショップで盗撮

1月9日夜、広島市中区のディスカウントショップで、女性のスカートの中を盗撮しようとした広島市の職員が県迷惑防止条例違反の疑いで現行犯逮捕された。逮捕されたのは広島市中区役所・生活課の主事小林弘樹容疑者。警察の調べによると、小林容疑者は、9日午後8時半頃、広島市中区のディスカウントショップで、24歳の保育士の女性のスカートの下にデジタルカメラを差し向け盗撮しようとした疑いがもたれている。小林容疑者は9日は休みで、女性とは面識はなく、小林容疑者が盗撮しているのを見つけた保安員が声をかけて現行犯逮捕した。小林容疑者は容疑を認めているという。(TSS)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL