痴呆都市広島の110番妨害電話が8万件

1月10日の「110番の日」を前に110番通報について理解してもらおうという催しが三原市で開かれた。三原警察署が市内の商業施設で開いた催しでは広島県警察本部のマスコットキャラクター「モシカ」くんなどの着ぐるみを着た警察官が劇を披露した。劇で、警察官はいたずら電話や緊急性のない内容で110通報をしないよう呼びかけるとともに、緊急ではない内容の相談ダイヤル「#9110」について詳しく説明した。

警察によると、広島県内の去年1年間の110番通報の件数はおよそ24万5000件で、このうち3分の1はいたずら電話のほか、落とし物を拾ったといった届け出や運転免許の更新など緊急性のない内容だったという。三原警察署の有松武志地域課長は「いたずらや緊急性のない内容で110番通報をすると本当に大事な通報がつながらなかったり対応に時間が取られたりするので適正に利用してほしい」と話した。(NHK広島)


関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL