韓国が北朝鮮への宣伝放送を開始、その内容にあきれる

1月8日、北朝鮮が「水爆実験に成功した」と発表したことを受け、韓国政府は8日正午から、拡声器による北朝鮮への宣伝放送を開始したという。昨年8月に北朝鮮が韓国との国境付近に地雷を埋めて、韓国側の兵士に負傷者が出て、両国が一触即発の事態に発展したのは記憶に新しい。そこで、韓国による宣伝放送とは、いったいどんな内容なんだろうか。


韓国・聯合ニュースによると、韓国国防部の関係者は、「拡声器放送は北朝鮮市民の人権に対する弾圧などに言及し、金正恩(キム・ジョンウン)体制や4度目の核実験を批判する内容」と明らかにした。「金正恩は経済的に厳しい状況にもかかわらず核開発に力を注ぎ、経済をより厳しい状況にしている」などと主張するという。その他にも、韓国ガールズグループの歌やIU、Apinkの最新曲も流す予定。

国防部関係者はまた、「北朝鮮軍は前方地域での監視や警戒を強化している」と明らかにした上で、「心理戦放送自体が北朝鮮に打撃を与えることができる。放送は目的が達成されるまで続けるが、その判断は政府が行う」と説明した。


これについて、韓国のネットユーザーからユニークなコメントがあったという。以下、レコードチャイナから引用。

「北朝鮮市民はラッキーだ。韓国の人気歌謡を無料で聴ける上に、水爆実験成功の知らせまでおまけに付いてくる」

「今日は金正恩の誕生日。最高のプレゼントになるね」

「どんな内容であれ、1日中聞き続けるのはつらいだろうな」

「北朝鮮は水爆は造るのに、拡声器は造れないの?対抗放送が聞こえてこない」

「なぜガールズグループの歌をかける?余裕を見せつけるため?」

「戦時作戦統制権を持たないから、拡声器で対抗するしかない韓国政府…」

「拡声器には金正恩の写真を貼っておいて。そうすれば銃で攻撃されることはない」

「KPOPを流すことが報復?情けなくて涙が…」



韓国 宣伝放送
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL