SEALDsの奥田愛基に殺害予告した少年を逮捕、字が汚く誤字もあった?

日々の行動が心配な奥田愛基に殺害予告をした人間が逮捕された。去年9月、安全保障関連法に反対するSEALDsの中心メンバーの大学生・奥田愛基に対し、「家族とともに殺害する」という内容の脅迫状を送ったとして、愛知県に住む19歳の少年が脅迫の疑いで神奈川県警に逮捕された。

捜査関係者によると、去年9月、奥田に対し「家族とともに殺害する」という内容の脅迫状が大学に送られ、奥田が被害を届け出たことを受けて警察が捜査した結果、愛知県に住む19歳の少年が事件に関わった疑いが強まったとして1月5日、脅迫の疑いで逮捕した。

奥田は、脅迫状が送られたあとツイッターで「僕だけならまだしも、なぜ家族に対してもそうなるのか。何か意見を言うだけで殺されるのは嫌なので身の回りに用心する」などと記していた。(NHK)


さらに奥田本人のTwitterでは、19歳の少年が書いた脅迫状の字が汚くて誤字もあったと酷評?

「19歳。漢字とか微妙に間違ってて、(俺もちゃんと中学行ってないから、よく間違えるけど)脅迫状見たときに、なんか育ちとかあんまり良くないんじゃないかと思った。自分に似て、言っちゃ悪いけど汚い文字だった。僕は自分の汚い文字が本当にコンプレックスで、その手紙見たときも同じ嫌な感じがした」






ちょっと気を抜くと、すぐにひわいなアゴヒゲが・・・

奥田愛基012
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL