心臓マッサージはためらわずに強く押す

停止した心臓を回復させるために行う「心臓マッサージ」で、胸への強い圧迫が原因で患者の肋骨(ろっこつ)が折れるケースはまれで、致命傷になる恐れもほとんどないことを、日本蘇生協議会が調査で明らかにしたという。心臓マッサージを行う場合、肋骨が折れるくらい力を込めて胸を押してマッサージを行うんだという事を看護婦さんから聞いたことがある。そばで見ている方はたまったもんではないが、生きるか死ぬかの瀬戸際だから、この心臓マッサージは"あの世"へ行こうとする人を引き戻す最後の手段なんだろう。


日本蘇生協議会は「身近に急に倒れた人がいたら、ためらわず、手遅れになる前に心臓マッサージをしてほしい」と呼びかける。2月に発刊する心肺蘇生の指針改定版に調査結果を盛り込む。調査したのは指針作成メンバーで、呉共済病院(広島県)の石川雅巳・救急診療科部長らのチーム。心停止以外の原因で倒れた脳梗塞などの患者で、本来は不必要な心臓マッサージを一般市民から受けた国内外の計762人を分析した。その結果、骨折するケースは極めて限られ、折れた骨が内臓に突き刺さるなどして命に関わる重大事例はなかったという。(読売)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL