必ず東京の真ん中に慰安婦像を建てる~韓国元慰安婦

日韓両政府による慰安婦問題の最終解決の合意を受け、韓国政府高官は12月29日、元慰安婦の女性らと面会し、合意内容への理解を求めた。韓国外務省の林聖男(イム・ソンナム)第1次官は、ソウル市内の元慰安婦支援団体、韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)を訪問。元慰安婦の女性は林氏に対し「安倍晋三首相が直接『法的に間違っていた』と正式謝罪したわけでない」と批判。日韓合意で、ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦像の撤去問題が盛り込まれたことにも抗議したという。

林氏は「日本政府が責任を痛感し、安倍首相が『心からおわびと反省の気持ち』を表明し、韓国政府が設立する支援財団に日本の政府予算約10億円が拠出されることで合意した」などと説明し、元慰安婦らの生存中の問題解決に最善を尽くしたと理解を求めた。面会後、元慰安婦らは韓国メディアに対し、慰安婦像を「米国各地に設置した後、必ず東京の真ん中にも建てる」と語ったという。

一方、同省の趙兌烈(チョ・テヨル)第2次官は同日、ソウル郊外にある元慰安婦の支援施設「ナヌムの家」を訪れ、安倍首相のおわび表明など日本政府の対応を説明。「これ以上の名誉回復は難しい」と伝えたという。日本大使館前の慰安婦像の周囲には、外相会談が行われた12月28日の夜に、立ち入り禁止のロープが張られた。しかし、12月29日には像の前で少数の市民活動家が散発的に抗議デモを行った。(産経)


挺対協01


挺対協02
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL