前田元検事が事件手記をヤフーで連載

大阪地検特捜部の押収資料改ざん事件で証拠隠滅罪に問われ、懲役1年6月の実刑判決を受け、服役した前田恒彦元検事(48)が、事件を振り返る初めての手記を発表するという。検索サイト「ヤフー」で12月28日から連載を開始するという。前田氏についての初期の事件報道と画像についてはすでに削除してしまったが、犯罪事件などではときどきコメントを発信している。


関係者によると、前田氏は平成22年9月の逮捕直前から、検察当局の取り調べ状況などを詳細に記録。手記では資料改竄の経緯に言及するとともに、捜査に携わった検察幹部の発言などについても実名で取り上げ、検察内部の状況を振り返るという。

出所後に行った講演では、事件について「調書の内容と違う事実もあるが、(捜査当局側に)都合の悪い話は握りつぶされる。刑期を終えてから機会があれば語ろうと思っていた」などと発言していた。

手記はヤフーのニュースサイトで月3回程度のペースで掲載。初回の記事など一部を除き、登録会員向けに有料で公開するという。ヤフーの広報担当は「事件の反省を踏まえて刑事司法改革などの論点について考察する内容で、社会の課題を解決する一助になると考えている」としている。

前田氏は主任検事を務めた郵便不正事件で、厚生労働省元係長宅から押収したフロッピーディスクの文書の更新日時を書き換えたとして証拠隠滅罪に問われ、23年4月に懲役1年6月の実刑判決が確定。服役し、24年5月に出所した。現在はインターネットメディアを中心に評論活動を行っている。(産経)


https://ja-jp.facebook.com/MaedaTsunehiko
https://twitter.com/maedatsunehiko


前田元検事

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL