国会議員同士の結婚と育児休暇は国会軽視

自民党の宮崎謙介衆院議員(34)=京都3区=が子育てに取り組みたいとして、来年の1~2カ月間、「育児休暇」を取る意向だという。国会に規定はないというが、男性議員が育児を理由に国会を一定期間休む例は初めてだという。国会議員同士の結婚は、会社の同じ部署内で夫婦がいるようなもので、とても正常に機能するとは思えない。国会は求愛の場と化したようだ。だったら批判の矛先とされている安倍総理も育児休暇を存分にとったとしても否定する理由はない。


宮崎氏は2015年2月、自民の金子恵美衆院議員(37)=新潟4区=と結婚し、来年2月中旬に初めての子どもが生まれる予定だという。宮崎氏は12月21日、党国会対策委員会に育児のための休暇を取りたいとの意向を伝え、「子供を2人で育てることが大事だ。育休を取ることで、地に足の着いた政策を出せるようになると思う」と語った。宮崎氏によると、金子氏は約3カ月間、宮崎氏は1~2カ月間の「育児休暇」を予定しているという。


しかし、国会議員には育児休暇の規定がなく、出産については、衆議院規則185条で「議員が出産のため議院に出席できないときは、日数を定めて、あらかじめ議長に欠席届を提出することができる」と規定。参院にも同様の規定があり、これまでに橋本聖子参院議員ら、衆参で計9人の女性議員が取っている。


宮崎氏は当面、本会議のたびに欠席届を出すことで事実上の「育児休暇」とするという。衆議院事務局は「男性が育児で一定期間、休暇をとった先例はない。欠席届には期間の定めがないので本会議があるたびに提出することになる」と話す。宮崎氏は今月、自民の男性議員約10人で、国会に育児休暇の規定をつくる勉強会を立ち上げた。(朝日)



ネットでは批判的な意見が多数
ネット上の投稿サイトを見ると、批判的な意見が目立つ。その一部を見ると、

「国会議員が普通のサラリーマンと違うのは、立候補して当選した有権者の代弁者であるということ。育休とったら、その間、有権者の代弁者が国会からいなくなるという現実は、整合性がたれないんじゃないか。子ども育てる予定があれば、立候補すべきじゃないな」。

「政治家は会社員ではないからな。経営者に育休はあるのか。ということだろう」。

「特別国家公務員だから育休があっても良いのではといいたいことはわかるが、仕事も特別で、議員特権もあるので、仕事に対する優遇措置は十分なはず。議員報酬、助成金や活動費で、保育園やお手伝いさんを頼むべきです」。

「国民の声を国会に届けるのが仕事。ましてや、そのために選挙に立候補して、高い給料を税金からもらっているのだから、一般の会社員とは違う立場。任期も限られているのだから、しっかり働かないと次は無い」、など。



最悪の結婚披露宴
12月23日、東京都内で行われた、宮崎議員と、同じ自民党の金子恵美議員の結婚披露宴で、「育児休暇」について政府・自民党から、さまざまな声が上がった。

自民党の二階総務会長は「(宮崎議員は)2期生の身でありながら、予算委員会に、それぞれ属している。そのこと(育休)が、予算委員会と、どうだこうだって、そんなことまで持ち込んでこないように、ひとつ2人で、良識的な判断を下していただきたい」と述べた。「みんなに迷惑をかけないように」と、くぎを刺した。

菅官房長官は「自分の思った通りにすればいいと、こう、実は言おうと思ったんですけれども。先ほど、二階会長のあいさつを聞いていましたが、やっぱり、さすがだな。育休を取るための議員立法というものを、超党派でつくってもいいんじゃないかなと」と述べた。

宮崎議員と金子議員は、2015年2月に結婚し、2016年2月に子どもが生まれる予定。 国会の規則には、出産休暇の規定はあるが、育児休暇の規定はなく、宮崎議員は、1カ月ほど本会議に欠席届を出すことで、対応する考え。.(FNN)



自民党 結婚式
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL