尾道の80代の女性が1500万円騙し取られる

「老人ホームに入居する権利を震災で困っている人に譲ってほしい」と、嘘の電話を受けた尾道市の80代の女性がグループ企業の社員らを名乗る男からトラブル解決のための費用などの名目で、現金あわせて1500万円を騙し取られる事件が発生した。

被害に遭ったのは尾道市の80代の女性で、今年8月、建設会社の社員を名乗る男から「老人ホームの入居者名簿にあなたの名前があるが入居する権利を震災で困っている人に譲ってほしい」と、嘘の電話があったという。

女性は郵便局から引き出した現金300万円を指定された住所に宅配便で送ったところ数日後、グループ企業の社員を名乗る男からの電話で「入居をめぐり裁判沙汰になっている」と告げられ、トラブル解決のための費用の名目でさらに現金1200万円を送り現金あわせて1500万円を騙し取られたという。

女性は2回目の電話の男から「年内に結果を伝える」と言われたため連絡を待っていたが、連絡先に電話をかけたものの、つながらなかったため、騙されたことに気付いたということで、警察は詐欺事件として捜査している。(NHK広島)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL