報道特集「検証!安保法成立から3カ月」でまたもやSEALDs出現

12月19日の報道特集は、「検証!安保法成立から3ヶ月」という題目で放送され、その中で一番心配な安保法制に反対するSEALDs改めReDEMOSの奥田愛基が出ていた。気になるアゴヒゲもきれいに剃って整えていた。何度もこのブログで問いかけた甲斐があった。とにかく「ヒゲはなるべく毎日剃ろうよ!」。


というよりも、新たに設立された団体「ReDEMOS」というは「市民のためのシンクタンク」として、「SEALDs」のメンバーなどに加え、大学教授や弁護士が理事として加わっている。同団体はホームページなどを通じて、安全保障などの分野で課題を分析するほか、勉強会や意見交換会を開いて議論を交わす場を提供し、こうした議論を基に政策提言などを行うらしい。

ReDEMOSの会見で代表理事の奥田愛基は「『ノー』と言うだけでなく、自分たちでも個別の政策について研究発信し、日本が目指すべき社会を示したい。今後は賛同する研究者を増やして市民や若い人たちにわかりやすく情報を発信したい」としていた。つまり、単なるバカ騒ぎをするデモ集団を扇動するのではなく、ちゃんとお勉強をして、社会問題に取り組むんだと。そして真面目に社会人の仲間入りを果たそうというものだ。それはよかったよかった。


きれいに剃ったね。やれば出来る!

奥田愛基01



しかし、ちょっと気を抜くと、いつものアゴヒゲが!

奥田愛基03




番組では、いつもながら自衛隊員の命の危険性から、兵器が登場する防衛大学の学園祭や軍事・民間産業・大学が一体となった防衛装備庁技術シンポジウムの紹介。そして定期的にコメントを求められる田母神敏雄氏。また、憲法改正を進める「今こそ憲法改正を!1万人大会」の檀上に映し出される安倍総理と櫻井よしこ氏。


その後、安保法制反対のデモの様子と、そこに突っ込んでくる街宣右翼のワンボックスカー。安保法制反対デモは続いた!?


幽霊か!?

安保法案反対デモ


街宣右翼



憲法学者の石川健治氏は「日本国憲法を何とかしたい、その議論が立憲主義を押し流そうとしている」と言い、さらに「明治以来の国のつくり方であったはず」と言った。また、長谷部早大教授は「安部さんも安保法案は違憲だと思っていますよ(笑)」とも皮肉って言った。


石川健治02



憲法の授業にSEALDsメンバー。楽しそうだ。これで食っていけるなら反政府の活動団体の仲間に入って、安倍政権を批判して騒ぐというのも悪くない。この疲弊した格差社会の中においては、そんな人生も悪くない。

やっぱり学生の時がいちばん楽しかった!

憲法勉強会

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL