【嘘だろ?】福島第一原発、避難指示「知らず」8割

原発事故が起きたときの住民による非難計画と連絡網の不備が露呈していたようだ。12月18日、内閣府は2011年3月の東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う住民の避難に関する実態調査結果を公表した。政府として初めて実施し、避難による家族構成の変化なども調査した。その結果、8割以上の住民が政府の避難指示を知らなかったり、避難世帯の4割が家族との別居を経験したという。


調査は2014年2~5月に調査を実施。事故後に警戒区域などが設定された福島県内12市町村と、隣接する10市町村の住民のうち、同年2月時点で避難していた約6万世帯にアンケートを郵送し、約2万世帯から回答を得た。

2011年3月11日の震災発生以降、政府は複数の避難指示を出したが、11日夜の「原発から半径3キロ圏内に対する避難指示」を知っていたのは15.6%。翌朝の「半径10キロ圏内に対する避難指示」は37.7%と、多くの住民が避難指示を知らずにいたという。

また、12日午後に起きた第一原発1号機建屋の水素爆発を当日知った人も38.5%にとどまった。当時、避難指示は3キロ圏、10キロ圏、20キロ圏と段階的に拡大され、1次避難先となった自治体で、さらに避難指示が出るなど多くの住民が避難先を転々とする事態を招いた。(読売)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL