カープ黒田投手が球界最高俸6億円で更改 来季どうなる?

広島カープの黒田博樹投手(40)の去就が注目されていたが、12月17日、黒田投手は広島市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、2億増の6億円でサインした(金額は推定)という。これで球界最高年俸者となった。


黒田投手は今季、右足首痛、右肩痛に悩まされながら、26試合の登板で11勝8敗。防御率2.55の成績だった。終盤は中4日登板など、シーズンを通してフル回転した。オフは現役続行か引退か、去就で熟考した。11月30日には「燃え尽きた思いもある」とも話していたが、今月8日に「来年もやります」と球団に伝え、現役続行の意思を固めていた。黒田投手は日米通算193勝で、200勝まで残り7勝、プロ20年目。


いくら男気と言われても、年齢には勝てない。年棒に見合った成績を収められるのか、それとも期待に反した結果に終わってしまうか。しかし良い成績を残す方法がある。それは上位成績チームと対戦するときには、黒田投手を使わなければいい。これなら200勝も現実的だ。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL