J1リーグ 広島1-1G大阪で広島が年間優勝を果たすが

12月5日、2015年のJリーグチャンピオンシップ決勝第2戦、サンフレッチェ広島対ガンバ大阪(エディオンスタジアム広島)が対戦し、1対1で引き分け、サンフレッチェ広島がJ1リーグ年間優勝を果たした。不思議なのは、終始、ガンバ大阪が試合を優位に進めていたが、なぜか1対1の同点になった。

決勝第1戦でもG大阪が試合を優位に進めていたが、G大阪は負けてしまった。

サンフレッチェ広島の決勝第2戦では、守備に硬さがみられ、味方のゴール前で守りにミスが出て1点を失った。その後もG大阪が試合を優位に押していたため、これはG大阪が逆転優勝をするかもしれないと思った。しかし、サンフレッチェ広島が、なぜかうまくゴールを決めて1対1にした。なぜ試合を押されていた広島が、同点に追いつき、J1リーグ優勝したのか、不思議でならない。
 
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL