福山の介護施設で認知症高齢者にプロレス技「4の字固め」

広島県福山市御幸町の介護事業所「グループホームかざぐるま」で、30代の男性介護職員が入居している80代の認知症の男性に、両足を押さえつけるなどの虐待をしていたことが11月30日、分かったという。20代の男性職員も数人に暴言を吐くなどの心理的虐待を行っていたことが判明し、福山市は同事業所への行政処分を検討しているという。

同事業所によると、30代の男性職員は今年6月ごろ、入居している認知症の男性の足に、プロレス技の「4の字固め」をかけて虐待した。このほか、20代の男性職員が不特定多数の人がいる場所で、別の認知症入居者に対して犬を連想するような名前で呼ぶなど、心理的虐待も行っていたという。2人はともに自主的に退職した。

市は、関係者からの情報提供を受け、事業所を運営する介護事業者「リブネット」(福山市御幸町)を10月に監査したが、リブネットは「身体的虐待はなかった」と虚偽の報告をした。このため、市は入所者への虐待行為と、虚偽報告に対する行政処分を検討している。

同事業所は1階がデイサービス、2~3階がグループホームで、グループホームは個室で区切られている。要支援2以上の認知症の高齢者が対象で、26人が入居。事業所は、入居者全員の親族に虐待の事実を個別説明したという。(産経)


入所者に4の字固め 元職員を逮捕

2016年1月12日、グループホームで80代の入所者にプロレス技をかけるなどした疑いで元職員の男が逮捕された。岡﨑正昌容疑者(37)は去年4月と5月、福山市御幸町の「グループホームかざぐるま」で入所者の85歳男性に「4の字固め」をかけた疑い。去年6月に情報提供があり警察が捜査したところ、他の職員らが暴行を目撃していたという。容疑者はすでにグループホームを自主退職していて警察の調べに容疑を認めている。(HOME)



グループホームかざぐるま

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL