NHKが受信料契約を求めて中国地方で初めて提訴

11月24日、NHKは放送受信契約に応じない広島県内の4世帯に対し、放送法に基づいて受信契約の締結と受信料の支払いを求める裁判を起こしたという。NHKは、テレビの受信機を設置しているものの、放送受信契約を結んでいない世帯に対し、契約を結ぶよう繰り返し催促をしてきたが、対応を重ねても契約することが難しいと判断した県内の4世帯に対し、放送法に基づいて受信契約の締結と受信料の支払いを求める裁判を起こした。

放送受信契約に応じない一般の世帯に対し、NHKはこれまで、東京や大阪などで裁判を起こしているが、中国地方での提訴は初めてだという。NHKは、今後も受信料の公平負担の徹底のため、あらゆる努力をするという。(NHK広島)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL