知人の住む部屋に進入して火をつけた女を逮捕

11月5日に広島市西区で起きたマンション火災で、知人の住む部屋に侵入し、放火した疑いで45歳の女が逮捕された。無職の佐々木美佳容疑者(45)は5日午後0時50分ごろ、西区南観音町のマンションの2階に住む知人男性(55)の部屋に侵入し、火をつけた疑いが持たれている。

部屋は全焼したが出火当時、男性は外出中でケガはなかった。警察は火事の前に現場周辺に不審な人がいたという情報や防犯カメラなどから佐々木容疑者を特定したという。調べに対し「家の前まで行ったが侵入していないし放火もしていない」と容疑を否認しているという。警察は佐々木容疑者と男性との間に何らかのトラブルがあったのではないかとみて捜査している。(HOME)
関連記事

Comment

No title
編集
今後は犯罪者の顔を報道してもらいたいものです。
何故なら、そういう人達が出所して再び社会に紛れ込まれても
困るのは私達一般市民だからです。
人は悪事を働いても、名札をぶら下げるわけでも江戸時代の様に
刺青を入れられるわけでもありません。
まず第一に判別できる手段は、やはり『顔』なんです!!
二次災害への対策は、自然界だけでなく人間界でも是非行って下さい。
宜しくお願い致します。
2015年11月08日(Sun) 22:27












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL