山本太郎議員が鴻池委員長席に猛突進

9月17日に行われた参院平和安全法制特別委員会で、民主党の小西洋之参院議員が鴻池祥肇委員長めがけてダイビング攻撃を仕掛けたが、生活の党と山本太郎となかまたちの共同代表である山本太郎議員が、鴻池委員長の席に猛突進し、与野党の議員から静止され、咎められる場面が印象的だった。

報道ステーションで報道された一場面だったが、山本太郎議員は何を奪おうとしたのかは不明だが、その動きは素早かった。しかし、モノを奪う場面というのは見ていて不快を感じる。小西議員も背後から何かを奪おうとする行為が見てとれたが、この一連の騒動については自民党の強行採決などとという以前に、野党議員の行動も問題視されなければならない。

特に、野党の女性議員連中が、鴻池委員長を理事会室の入り口に立ち塞がり、入室しようとすると、「さわるな!セクハラだ!」などと言い放つ手法は、女性議員自らが痴漢冤罪の手本を披露しているようなものだ。



山本太郎議員猛突進
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL