石原氏が国会デモを「雲散霧消する集団・空気の結晶だ」と正論で切り捨てる

作家で元東京都知事の石原慎太郎氏は9月10日の夜のBSフジ番組で、8月30日に国会周辺で行われた安全保障関連法案に反対する大規模集会について、「やがて雲散霧消する集団でしかないね」と切り捨てたという。

石原氏は集会について「非常に全く無意味な感じだ。なんの力もない。デモそのものは空気の結晶だ」と指摘。主催者が参加者を12万人と発表したことについては「嘘だ。勘定したらいい」と述べた。警察当局は3万3千人としている。

石原氏はまた、かつて日本維新の会でともに共同代表を務めた橋下徹大阪市長と8月末に会談し、政界引退を撤回するよう慰留したことを明らかにした。

新党結成表明直後に会談したという石原氏は「君は絶対に政治家をやめちゃいけないぞ。必ず(政界に)帰ってきてくれ」と訴えた。だが、橋下氏は「もう政治家はやらない。私は法律家が似合っている」と断言したという。

一方、日本維新で一緒だった維新の党の松野頼久代表については「松野君なんていうのは、民主党が泥舟になって沈む寸前に船から真っ先に逃げたネズミじゃないか。僕は、そんな人間は信用できない」と語った。(産経)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL