SEALDsが野党に統一候補擁立呼び掛け?

髪を茶髪にしたSEALDsの奥田愛基(23)。報道ステーションでも茶髪に染めた風貌が放送されていたが、いったい何を考えて色付いているのだろうか。まだまだ真剣みが足りない。やるなら自分の人生と命を掛けろ!と言いたいが、それは所詮20歳前後のおぼっちゃま学生だったのか。以下の記事をみると、メンバー連中の認識の狭さと身勝手な考えがはっきりと表れていることが分かる。日本という特殊な島国で、先進国と同様な考えの元に選挙権を引き下げたことは、失敗だったのかも知れない。


9月8日、安保障関連法案に反対する大学生らのグループ「SEALDs(シールズ)の中心メンバー3人が、東京都内で講演し、反対の動きが広がっていることに「シールズが象徴的に扱われているが、集まる人が若者中心かというと、そうじゃない。国民的な動きが起きている」と強調した。法案が成立しても、安倍政権に対抗するための活動を続ける考えも表明した。

講演は新聞、放送局などでつくるマスコミ倫理懇談会全国協議会主催。

明治学院大4年の奥田愛基さん(23)は、活動をしている理由について「東日本大震災と東京電力福島第一原発事故があったのに、政治が何も変わらないのに嫌気がさしている。生まれたときからバブルも崩壊していて格差社会が広がる絶望的な世の中だ。だからこそ、そろそろ何かしないとやばいんじゃないかって思っている」と話した。
 
また、来年夏の参院選で、各選挙区で野党に統一候補擁立を呼び掛ける考えも明らかにした。奥田さんは「僕は9月ぐらいで(活動を)やめるつもりだったけど、メンバーには『このままでは終われない』という人もいる。(次期参院選での野党協力の)パッケージを誰もつくれないのなら自分たちでやらないといけない」と話した。

筑波大3年の本間信和さん(20)は「法案がどうなっても、日本の安全保障に関する議論は続くし、ほかにも社会保障などの問題が山積している」と、今後の活動の課題を挙げた。(中国)


奥田 茶髪
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL