安倍総理が「そこまで言って委員会NP」に出演、辻元議員はイライラの総合商社?

安倍総理が大阪読売テレビの「そこまで言って委員会NP」に出演した。東京圏では放映されないが、たかじん亡き後も、人気娯楽番組のひとつだ。安倍総理が出演した動機としては、「国民への説明を果たすため、番組への出演」と紹介されていたが、番組の内容は、安保関連法案を丁寧に説明するというものではなく、番組が用意した質問にYES、NOで答える形式だった。特に「辻元清美議員はイライラの総合商社だ」との質問は面白かった。

安倍総理は、おととい大阪のミヤネ屋に出たついでに出演したという印象だ。「たかじんのそこまで言って委員会」時代に何度か出演しているから引き受けたのかも知れない。


辻元議員イライラ



ところで、安保関連法案に反対する立場の人について、橋本五郎読売新聞解説員が分かり易く疑問を投げかけていたので概略を引用したい。


安保関連法案反対派のおかしさが5つある。

1つ目

集団的自衛権の一部を認めるような憲法解釈の変更、これは立憲主義に反する、と言うわけですよ。

これは自衛隊の違憲論者の人が言うわけです。

それに対しておかしいなと思うのは、

それでは自衛隊を合憲だと日本政府は言ってきた。

それは内閣法制局を中心に決めた。

それの解釈を変えるということはおかしいとは、どういうことですか。

その解釈は、日本政府の解釈は正しかったということ。

であるならば、違憲論者は、自衛隊は間違っていました、と言ってもらわければ理屈としておかしい。


2つ目

集団的自衛権は一国で守れない国がどうしたらいいか。

それは、いろいろ協力しながらやるしかない。

よく戦争に行くといいますが、

集団的自衛権を行使するということは、むしろ弱い国が、自分たち守るために大事な権利。


3つ目

個別的自衛権を拡大すればいい、と言うでしょ。

中国は個別的自衛権をどんどん拡大している。

みんな自国にとって大事なことだと。

むしろ個別的自衛権の方が、はるかに危険なのかも知れない。

過去の歴史にみれば。


4つ目

戦争に巻き込まれるって言うでしょ。

米軍が居ること自体が戦争に巻き込まれるという話ですよ。

だったら反対する人たちは、米軍は出ていってください、私たちでやります、とどうして言わないんですか。

絶対言いませんよ。

米軍には守ってもらう、しかし日本としてやらなければならない事は嫌だ、それはおかしい。


5つ目

何もしない反対論者ですよ。

国家とは何か。

国民を守るためならいかなる準備でもしておくこと。

そうしなければ国民を守れない。

じゃあどうするんですか?と反対派に言いたい・・・。

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL