福山市の小学校で男子児童一人に後ろ向き授業

福山市内の小学校教諭が男子児童1人を約1週間にわたり、教室で後ろ向きに座らせて授業を受けさせていたという。また、教室のベランダに出して、1人だけで給食を食べさせた日もあったという。問題を起こしたのは5年生担任の男性教諭。男子児童が私語をしたのを理由に10月19~25日の授業中、黒板とは反対側に向けた机といすに着かせた。ベランダの男子児童に気づいた市民が学校に連絡した。学校側は保護者にわびたという。市教委は教諭の行為を事実と認めたが、「男子児童の保護者が公表を望んでいない」との理由から、教諭の処遇を含めて詳細を明らかにしていない。

今回の問題で、同年代の子どもを持つ保護者たちは不安を募らせているという。市内では中学校教諭が、「××」などと生徒を格付けしていた問題も27日に発覚。相次ぐ教諭の不適切な指導に、学校への信頼が揺らいでいる。娘2人が市内の小学校に通う会社員女性(34)は「みんなの前で恥をかかされた子どもの心は大きな傷を負ったと思う。みせしめのような指導は許されない」と語気を強める。

市内の中学校の教諭男性(48)は、生徒が教室を抜け出るなどの問題行動が増加している教育現場の実態に触れ、「授業を始める態勢を整えるだけで精いっぱいだ。余裕のなさが、高圧的な指導につながっているのかもしれない」と推測。市内の小学校の教諭男性(59)は「学校教育に対する信頼を守るのは、私たち教諭一人一人だ。これ以上信頼を失わないよう、気を引き締め直さなければならない」と話したという。(中国新聞)

まともな教育ができない広島の典型的な例である。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL