海上自衛隊の支援艦「げんかい」の艦長が尾道で死亡

9月2日朝、尾道市で海上自衛隊の48歳の艦長が、自転車と一緒に道路の側溝に転落して死亡しているのが見つかり、警察は艦長が誤って落ちたものとみて詳しい原因を調べている。2日午前4時すぎ、尾道市瀬戸田町沢の県道の側溝に男性が転落していると近所の人から消防に通報があった。

男性は自転車にまたがったまま、深さおよそ1メートルの側溝に頭を下にして倒れていたということで、頭を強く打っていてその場で死亡が確認された。警察によると、亡くなったのは大分県の佐伯基地に所属する海上自衛隊の支援艦「げんかい」の艦長・中智志3等海佐(48)で、2日午前0時ごろから1時ごろの間に亡くなったとみられるという。また、中艦長の血液からはアルコールの反応があったという。警察は、中艦長が自転車の操作を誤って側溝に転落したものとみて詳しい原因を調べている。(NHK広島)


尾道市側溝転落
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL