広島県の土砂災害警戒情報メールがトラブルで配信されず

防災情報を発信する広島県のメールサービスで、広島市への土砂災害警戒情報発表を知らせるメールが、配信されないトラブルがあった。広島市には、8月25日正午前に、土砂災害警戒情報が出されたが、これを知らせるメールが、およそ8000件の登録先に配信されなかったという。県は、およそ1時間後に、お詫びを添えたメールを手動で配信し、システムも復旧させた。県砂防課では「去年の土砂災害後、登録者が急増したため、システムが処理できなかったのでは」としていて、今後同じような事態が起きないよう、検証したいとしている。(RCC)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL